ZEHNet Zero Energy House

暮らしを豊かにする
ゼロエネルギー住宅

ZEHゼッチとは、[Net Zero Energy House] の略で、直訳すると「実質ゼロエネルギー住宅」。
省エネ・創エネの双方向から高い環境性能を備え、年間に消費するエネルギー量をゼロ以下にする住宅のことをさします。

国内全体のエネルギー消費量の約15%程度を家庭で消費しており、
大震災により電力需給のバランスの崩れや、エネルギー価格の不安定化などが問題になったことから
国では2020年までに ZEHゼッチ を標準化することを目指しています。

ZEHゼッチ の特徴

断熱性能を向上させてエネルギーロスを最小限に抑えます。
消費する電力を最小限に抑えるために、
HEMS [Home Energy Management System] でエネルギーを見える化したり、自動制御したり
省エネ設計の機器や照明をとりつけます。
さらに、太陽光発電などを利用し 発電+畜エネ します。

こうして、一年間の一次エネルギー(冷暖房設備、換気設備、照明設備、給湯設備、のエネルギー消費量)を
自給自足し、エネルギー収支をプラスマイナス「ゼロ」にする機能を備えた住宅が ZEHゼッチ です。

ZEHゼッチ のメリット

地球温暖化の要因となる温室効果ガスの大量発生は、火力発電による電力供給によるものだと言われています。
ZEHゼッチ化することで各家庭が発電所となり、電気を生み出すことができれば、
火力発電所の稼働率は下がり、地球温暖化を食い止めることができるのでは、と期待されています。

冷暖房設備、換気設備、照明設備、給湯設備など、生活するにおいて必ずかかるランニングコスト。
ZEHゼッチ化することで電気を自給自足し、余剰の電気を畜エネ・販売することでコストを下げることが可能です。

家の中の急激な温度変化が原因でおこるヒートショック
ZEHゼッチ化することで高断熱仕様により夏は涼しく冬は暖かいので、
ご高齢の方をはじめ、住む人の健康にとてもやさしい生活環境がつくれます。

ZEHゼッチ化の必須条件ではありませんが、畜エネは災害対策としても大きな効果を発揮します。
今までは、停電の心配からガスを併用する家庭も多かったですが、
オール電化の住宅であれば、蓄電池に電気を溜めておくことで電気の供給がストップしても、電気が利用できます。

2016年4月から、BELS [建築物省エネルギー性能表示制度] という住宅のエネルギー性能を評価する制度が施行されました。
ZEHゼッチ は BELS で高評価を獲得できる家で、資産価値も高まります。


ZEHビルダー登録会社です。